2011年04月30日

SCR×SHAFT ANIMATION THEMES LIVE 「咲く乱状態 in 日比谷野音2011」 日比谷野外音楽堂

時間も経ってしまったので報告という形で簡易感想ー

スタチャとシャフト合同のライブイベント行ってきましたー
色々アーティストは出ていますがお目当てはアニキとオーケンさんと絶望少女達。

面影ラッキーホールから始まっていきなりヒドいことにw
夏のアラシは見てないのですがこの曲には衝撃を受けた思い出がw
そして次はスネオヘアー
こちらもアニメは見てないですがいい曲でした。
盛り上がる曲ではないですが時間も夕暮れ時ということでいい雰囲気でした。
そして次は問題の神聖かまってちゃんと藤和エリオ役の大亀あすかさん。
電波女のOPを歌ったのですがまぁ・・・w
OPで聞くといいんですがライブだとバックの音が大きすぎてボーカルが掻き消えちゃいますね・・・
こうなるのは少しは予想してたんですが好きだっただけに残念・・・
そして次はアニキ!
改蔵のOPを歌うということで今回いらっしゃってたんですがこの曲がまたw
これがギャグアニメのOPかと思うとちょっとおもしろいですw
そしてもう1曲こちらはカップリングでオーケンさんとデュエットで。
この2人のコラボは熱いなぁw
トリはもちろん大槻ケンヂと絶望少女達。
今回は画伯が欠席でしたが・・・
映像での出演で全部持っていかれましたw
「出たかったよぉ!」と踊ってみたり、床をはいつくばってみたり、テーブルを持ち上げてみたり・・・w
画伯がどんどん違う方向にwww
絶望系のイベントだからまぁ、いいかな、とは思いますけどw
オーケンさんと絶望少女達は計5曲歌われました。
人として軸がぶれている、空想ルンバ、林檎もぎれビーム、ニート釣り、そして新曲のメビウス荒野の5曲です。
相変わらずこの方たちの曲は熱い!
そしてあいぽんとりょーこちゃんの安定の可愛さ!
さらに久々のみゆきちの叫び声!
みゆきちは絶望曲になると荒ぶるので見てて楽しいですw
相変わらず可愛すぎますね。
あと2年ぶりぐらいの生マリーナ。
こちらも久しぶりだけど可愛かったですねぇ。

追記
メンバーがメンバーだけに客の方も盛り上がり方がわからない所が多々あってしまったのはまぁしょうがないかな。
特に神聖かまってちゃんはオリジナル曲聴いてもあんな感じだしなかなか難しいところ。
今回は今回で新鮮な感じだったけど
やはり絶望のメンバーはソロでやった方がいいかな・・・w
もっと聞きたい曲一杯あるしねw
是非オーケンさんと絶望少女達でもう1回ソロを!
posted by eses at 12:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

sphere live Spring Party is HERE! 幕張メッセ

2011_04_17_01.jpg

ライブ3日目w
初スフィアソロ!行ってまいりましたー
楽しみ半分、不安半分・・・w
初ソロはやっぱり緊張しますねー
写真は例の「スフィ家の牛丼!♪」ですw
結局食べそこねましたけどね・・・w
すでに行ってきたときには牛丼はなくなってましたw
ではライブの感想に

ライブ前、メンバーとバンドメンバーがステージに出来て全員で黙祷。
驚きましたが、うん、大切なことかもしれない。

そして一度全員が裏に戻り、少ししてから再び暗転。
スフィアライブ恒例のスフィア劇場!
面白い!w
聞いてはいたんですがまさかこれほどとはw
ただ面白いだけではなくちょこっと切ない部分もあったり、暖かい部分もあったり・・・
こういうのが後でも書くつもりですが声優×アイドルという新しい形かもなーと。
(アイドルという単語自体をあまり好ましく思われない方もいるでしょうが)

その流れから曲へ
1曲目はSpring is here!
優しく、暖かいいい曲!

何曲か歌ったあとはソロ(ソロは最初はあきちゃん、あやひー。後半でみなちゃんとはるちゃんでした)へ。
はるちゃんもだけど今回は、ちょっと前からヘビロテしてた春風が聞けて本当よかった。
ほわぁ、とする暖かい1曲です。

その後はまた全員で。
新しいアルバムに入ってたCongratulations!!
このときの衣装がちょっとだけ男装が入りにながらでもガーリーという絶妙な衣装で可愛かったです。

中盤〜
ちょうど「いいけどもっと近くで見たいなぁ」とか思ってたそのとき!
トロッコきたああああ!!
通路に紐が渡されて何か後ろの中央(自分はその真横でした)に空間があるなぁ、とは思ってたんですが・・・
ここまで来るのか?と思ったらまさかのトロッコ登場でボルテージ上がりまくり!!
自分の2列横の通路を最初はあきちゃんが通って行って「うおおおおお!!近いいいい!!!」
すげぇよ、可愛すぎるだろあきちゃん!!
と、思ってたら今度はその空いてる空間にトロッコが全て入ってそこが簡易ステージに!
真横にはるちゃんががががががg
そして一言「ステージ遠いなと思ってた皆!いまからここが最前です!」
トロッコ演出すげええええ!!!
ボルテージ上がりまくりの中、俺がスフィアを気になりだしたきっかけの曲でもある「REALOVE:REALIFE」をそのまま熱唱!
さらにこの曲が好きになりました!
はるちゃんが激しく踊るたびにスカートがフワッと・・・
生足が(*´Д`)ハァハァ
ライブ中に目が合ったって思ったことはそんなにないので、嬉しかった!
そのままステージに帰って行くときも真横をはるちゃんが通っていきました。
かなりの後方支援席が一気に最前になったまさに180度全てを入れ替えるあの演出は本当スゴかったです。

後半はNow loading...SKY!!、かってな成長期、MOON SIGNAL、Super Noisy Novaと盛り上がり曲が続いて
この辺は聞きたかった曲でもあったので、定番なんだろうけどでも聞けてよかったです。

そしてあっという間にアンコール。
スフィアの始まりの曲Future Stream
これが発売されたときはまだ自分はスフィアは全然知らなかったですねぇ・・・
3年前かぁ、なんだかんだスフィアも長い時を経てるんだなぁ、と。

そして公演終了後は募金活動にスフィアが協力するということでスゴいことに・・・
ぶちゃっけて言うと大混乱だったんですが、あれだけの公演をやった後に募金で2時間以上あそこに立ち続けたスフィアの4人は本当スゴいです。
自分ももちろん東北の皆様のため、そしてスフィアの4人のその気持ちに少しでも答えるために募金してきました。
(小銭がなかったのでもう思い切って1000円入れてきましたよw)
規制退場で自分が大体会場の半分のところにいたのですが自分が会場外に出たのは10時。
この時点で2時間近く経ってたのであれからあの流れでやってたらと思うと・・・
何と言うか単純にスゴいなぁと。

追記
最初にも書きましたが、久しぶりの初ソロでした。
ゆかりんは言うまでもなくほっちゃんや奈々ちゃんももう慣れたものwなので感じなくなってたあの言いようのない緊張感?(嫌いではないですがw)

さて、行ってみての感想ですが、本当行ってよかったです。
名実共にこれからこの業界を支えていく方たちなんだろうなぁ、と肌で感じることが出来ました。
声優×アイドルという形として最初にお芝居が入ったり、というのははスゴいいいと思いました。
ユニットとして活動しながらそれぞれのソロもやったりと、個人の色も大切にしてる形がすごく心地がいいです。

そんなそれぞれの個性が集まったスフィアというユニットをこれからも見ていきたいなーと思ったライブでした。
posted by eses at 01:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

田村ゆかり LOVE ? LIVE 2011 SPRING *Mary Rose* 日本武道館

2011_04_16_01.jpg

行って参りました!
ぶどーかーん!!w
久しぶりの武道館。
ゆかりん的には2年ぶり?かな。
再びこの桜が綺麗な春の日に武道館にゆかり王国が!
というわけで感想どうぞ!

序盤
Spring feverは生は初めてかも知れない、春っぽさ全開!
この曲は歌詞が可愛すぎて悶えますw
あとCCC以来(?)のPicnicが聞けてよかった。
「好きな歌 サビエンドレスリピートで〜」とかの歌詞が大好きな曲
姫のモンキーダンス可愛すぎる!!

バラード、アコースティックでは「YOURS EVER」と「宵待ちの花」が。
どちらもスーっと心に入ってきて泣きそうでした・・・
節電の意味も含めてなのかこの1曲の間はスポットライトひとつ(かどうかは実際わからないけど)でPたんの近くで歌われてました。
最初はMCかと思うぐらいの光量の中響くゆかりんの歌声は神秘的ですらありました。

流れ星ジェニーはやっぱりなんとなく80年代ソングっぽい。ダンスの感じとかもどことなく昔のアイドルっぽくてよかった。
特にダンサーさんと集まって歌うところなんて「あー、何か懐かしの名曲系の番組で見る気が」とか思いましたw
会場限定シングルは本当毎回好きなことやってるなーという感じが大好きですw

中盤。
恋のアゲハ、神聖炉、星空のSpica(Beautiful Amulet)までの流れが演出も含めてかっこよかった。
もともとゆかりんのこういうセクシー、かっこいい系曲スキーの自分としてはこの曲の流れは堪りません!
まるでひとつのミュージカルを見ているかのようなかっこいい展開でした!

恒例の映像が入ってからの音頭は皆で踊れて楽しかったー
皆で練習で音楽無しで手を振っているところはシュールでしたがw

SuperSpecialDay久々に聞けて、コール入れられて楽しかった!
間違えやすいけどMy life is Greatの口上よりは覚えやすいかな?とか思ってますw
最近あまりない可愛い!可愛い!系のゆかりん曲。
こういう曲も入ってると嬉しいですね。

アンコールのGratitude
足に来ましたwでもやっぱりずっと跳んでるの楽しい!!
アンコールで「ありがとう!」が言えたことは嬉しかったです。
今回もちゃんと伝えられたかな・・・?

fbdの返し2番の時に「あ〜〜〜!!」って言ったのは楽しくて考えてたことが飛んだんだと思いたい!
何か楽しくて堪らない!みたいなことだといいなぁw
願望ですけど、メールとかつぶやきを見てるとそう感じてくれたのかな?

ラストの「またね」はやっぱりいい言葉。
確かに「またね」と言えるのは幸せですね。
「ありがとう」「またね」
そんなありきたりだけど大切でいとおしい言葉。
次もまた笑顔で会えることを楽しみにしております。

追記
今回は管楽器隊が増えたりして音に厚みみたいなものが増した気がします。
かなりアレンジも加わったりしてゆかりん曲のまた新しい魅力が垣間見えた気がします。
今回は節電とかの意味もあってか全体的にMC短めでダブルアンコールもなし、という形で時間的にも少し短く感じました。
それでも3時間ぐらいはやってるので曲数が多かったのかなぁ、とも思います。

では最後に
「ゆかりん、ありがとう、またね!」
posted by eses at 11:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

境界線上のホライゾン(アニメ)製作発表

ついに境ホラ製作発表きたあああああ!!!
とはいえ自分はバイトで見れなかったわけですけど(´・ω・`)
発表された情報をまとめるとざっとこんな感じ

放送開始は2011年10月
監督は小野学
シリーズ構成は浦原達彦
キャストは葵・トーリ役が福山潤、ホライゾン・アリアダスト/P-01s役が茅原実里

製作発表というにはちょっと情報が少ない・・・かもw
特にキャスト陣もしくはスタッフ陣はもう少し公開されてもよかったかなーと。
とはいえ放送開始日が公式で発表になったのは嬉しい限りです(電撃の缶詰の方からの情報で製作発表前に情報は出てしまってはいたのですが)

そんなことよりPVですよ!!!
出来良すぎるうううう!!!!
戦闘シーンその他諸々全体としてかなりの出来。
サンライズだからそこまで不安ということはなかったですが予想の上行く展開でしたねぇ。
この4分ぐらいのPVでも書きたいことが沢山あるよぉ・・・
とはいえ長文になっちゃうのもあれなのでまた今度気が向いたらということでw
境ホラも近いうちに読み返すつもりなのでそこと合わせて随時な感じですかねぇ。

最後に公式へのリンクを張っておきます。
興味のある方は是非PVだけでもごらんになってください。
ショートver→ロングverの順に見られることをオススメします。

http://genesis-horizon.net/

posted by eses at 02:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

2010年冬アニメ感想(最終)

冬アニメも最終話を迎えたということで感想をば。
最終的にまともに見てたの6つだけだぁ・・・w
まどかは途中で止まってるし、メリーも最終話が残っているのでまた次の機会に。
今回は4つだけの感想。

・STAR DRIVER-輝きのタクト-
最後の最後までやりきった感のあるスタドラ。
個人的には結構好きでしたw
最終話で父親を思いっきりなぐったり、友達をなりふりかまわず助けにいったりと何か青春してんなーと。
まとまりがなくてネタアニメ的な要素が強かったように思われがちだけど根本的には「青春の謳歌」とか「大人への反発」とか「子供(若者)の強さ」みたいなものを描きたかったのかな、と妙に納得してたりします。
ここまでもスタドラに関しては意外とゾクゾクするような場面が多かったのですが最終話はやはりその中でも1番ゾクッときた回でした。
まぁ、まだ謎の解けてない部分も多いけどいいかな、別にw
結局部長と副部長は何者だったのか、とかあるけどそういうことを抜きにして普通に楽しめた作品でした。

・インフィニット・ストラトス
当初思っていた方向とは大分違っててワロタwww
ここまでハーレムものになるとは・・・w
アバンの戦闘シーンがなかなかよくてこれは期待だなーとか思ってた頃が懐かしいですw
ISを完全にスポーツとかの興行目的に使ってるならともかく軍事転用等々も模索しているような世界感ならもっと緊張感のある流れでもよかったか気もしますが。
2期が決定しているようなんですが果たしてそっちはどうなるやら・・・
シャルたんは可愛かったのでほとんどそれ目的で見ちゃってたかなーw
うん、花澤香菜恐るべしですねw

GOSICK―ゴシック―
安定した面白さ。
ぶっちゃけ推理ものはアニメ化しても退屈になっちゃうものが多いんだけどキャラの表情とか背景とかそういうのを丁寧に作ってあって「うおっ!」ってなる部分は少ないものの安定して面白い。
ヴィクトリカもかわいいし、九条君がヘタれなのが気になるけど大抵探偵の助手というものはそういうものですよねw
2クール予定っぽいのでこのまま視聴続行。

・フラクタル
ヤマカンの気合を込めた1作・・・とはいえぶっちゃっけ普通だったなぁ、とw
強いていうなら評論家受けは良さそう。
でも見ている方としては特にパワーを感じるような場面はなかったし盛り上げ方もそんなにうまくない・・・
フリュネの声優さんは初めてにしてはよく頑張ってたと思う、キャラ的にもあれはよかったんじゃないかな?
あとも大体中の人は頑張ってたけどどうも今ひとつ盛り上がり感が足りない気が・・・
ラストもあれで結局よかったのかなぁ、と。
結局フリュネとネッサはひとつに解けてどちらかの意識のみもしくはその解け合った意識のみがそこに残ってるわけだけど、それって最終的にどっちもいなくなちゃったんじゃないの?みたいな。
全体としてのまとまりは悪くなかったけど特にここがこう!みたいなところはなかったかなぁ。
posted by eses at 14:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。