2010年12月11日

刀語第12話「炎刀・銃」感想

ついに1年間続いてきた刀語も最終話。
思えば最初アニメ化とかの記事を見たときは「西尾作品か、また一部で話題になるんだろうなぁ」とか「キャラデザいくらなんでも古くさすぎやしないか?」とかまぁ、なんだか今では考えられないことを思ってた気がしますw
1話を見た衝撃は今でも忘れられません、もちろん映像もですけど声優さん達の演技、まるでひとつの舞台を見ているかのような臨場感、映画とかいうよりはまさしく舞台。
言葉の選び方とか息遣い、そんな色んなものひとつひとつが衝撃でした。
何話か重ねていくうちに「DVD買うかー」っと言って買い始めて早6ヶ月近く。
DVDとかって基本買わない俺がDVDを買うほどハマった作品というのも珍しい気がします。
それほどにこの作品には引き込まれる魅力がありました。

そんな作品もついに最終話。
11話で撃たれたとがめ、刀語の中では始めての引きでした。
そしてそこから続く12話。
末期の言葉を残し死んでいくとがめ、「私にとっては全て駒にすぎない」
七花の「結局一番傷ついてるのはとがめ自身じゃないか!」という台詞。
最後の最後とがめの「そなたに惚れてもいいか?」という本心。
ひとつひとつの台詞が心にズシズシきました。
そして最後の戦い。
「面倒くさいから死ににきた」七花と尾張幕府全てを敵に回しての戦い。
そして明かされていく否定姫の思惑。
超スピードで展開される11本の変体刀との攻防。
とがめを守ること、刀を守ること、そして自分自身を守ることという制約をハズされた鑢七花の本当の実力の前に潰されていく敵と変体刀。
そして最後の戦い、炎刀と右衛門左衛門。
さすがにラストだけあって迫力が違いました。
飛び散る血、交わされる剣閃、そして壮絶なラスト。
スゴかった・・・
そして全てが終わった後のとがめを失った七花と右衛門左衛門を失った否定姫の旅。
2人とも側にいた大切な人の面影を身につけつつ、それぞれの思いを胸に旅を続ける。
このラスト意外と好きだったりします。
原作では表記のなかったこなゆきとか他の所有者達のその後もちょっとだけ見れたし、何かスゴいよかった。
本当1年間楽しませていただきました!
お疲れ様でした!


posted by eses at 03:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172785523

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 刀語 第12話 「炎刀・銃」
Excerpt: 刀語 第九巻 / 王刀・鋸 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将 ...
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2010-12-14 19:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。