2011年07月04日

2011春アニメ最終回

2011年春アニメも終了ということで。
夏アニメに期待しつつ、見ていたアニメの最終回の感想でも。


・DOG DAYS
ついにDOG DAYSも最終回。
都築さんのガチファンタジーということで期待が高かったせいもあるのか、思ったより盛り上がらなかったなーという印象。
普通に面白かったし、最終回も少しウルッとしましたけどうーん・・・
個人的にはもう少し戦闘が欲しかったかなーと。
1番盛り上がったのが1番最初の閣下とシンク、エクレ戦というのが・・・
エフェクトとか動きは悪くなかったからもっとこの感じの戦闘があればなぁ、という感じ。

・Aチャンネル
思ったよりも全然面白かったですw
まぁ、はっきり言っちゃうとよくある4コマ原作もの、という感じではありましたが。
なんだかんだちゃんと丁寧に描いてたなーという印象。
キャラソンを流しすぎというのもありましたがメリハリがついてたしそれで貫き通したからそれはそれで好感が持てます。
いい曲も多かったので今後まとめたアルバムとか出ないかなぁという希望。
さすがにDVDは買えない・・・

・緋弾のアリア
こちらも思ってたよりはなんだかんだ楽しめた気がします。
4話?ぐらいのガンカタとか最終話のアリアとか結構動きもよくて見てる側としてはなかなか見ごたえがありました。
話的には突然終わった感もありましたがまぁ、もともとストーリーは・・・w
最後まで理子ちゃん可愛くてよかったですw
マジりっこりこにされましたわwww

・電波女と青春男
こちらもラストまで楽しめました。
まさか電波であんな感動するとは・・・w
最終話もよかったですがその前の話もかなりよかったです。
社ちゃんいいわぁ・・・
あの子はすごいゆかちと合っていてあの感じはゆかちじゃないとだせないだろうなぁ、と。
で、最終話はなんというか「青春したーーー!!!」みたいなスッキリとした、すがすがしいラストでした。
ラブコメ的な決着は一切ついてないんだけど多分これはそれでよかったんだろうなぁ、と。
原作止まってるんでまた読み出したいと思いますw

・GOSICK
最終2話で怒涛の展開を迎えたGOSICK
もともと血、とかオカルトとか黒い感じの話だったとはいえ急に重くなったなーという印象。
久城とヴィクトリカ、そして他の登場人物それぞれの戦いがいいなぁ、と。
そして最終的に再会して「もうこの手を離さない」
なんというかずっと思ってましたけどこの2人が幸せならGOSICKはいいなぁ、とw
こういうラストでよかったなぁと。
posted by eses at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。