2011年08月06日

Yui Makino Concert 2011 “Holography” SHIBUYA-AX

SBSH0331.JPG

SBSH0333.JPG

SBSH0337.JPG

行ってきました。
ゆっちのコンサート。
いつも飛んで跳ねてのライブが多いからこういうゆったり音楽に浸れるコンサートというのは貴重です。
とはいえ今回AXということで少し「ライブ感」みたいなのがいい感じに追加されてて癒された+楽しかったぁという気分も味わえる1粒で2度おいしい感じのコンサートでした。

アルバム曲を中心に8月5日が命日であった河井英里さん作詞の「スピラーレ」や、同じくARIAから「横顔」
ちょっと懐かしい「アムリタ」や「ジャスミン」などじっくり堪能出きるセットリスト。

最初は本物のウェディングドレスを着たゆっちが登場し、前回はラストナンバーだった「お願いジュンブライト」からスタート。
あまり本物のウェディングドレスを見る機会の少ない自分としては何か感動w
白さの輝きとか生地の感じとかがやはり他の服にはない感じでとても新鮮でした。
「回ってー!」の声に「無茶言うなーw」と答えていたゆっちが可愛かったですw
「ジャスミン」〜から「Synchronicity」まではかっこいい曲が(ジャスミンはちょっと違うのかなー?)
「Synchronicity」は梶浦サウンド全開のかっこいい曲で照明の演出とあいまって疾走感のある感じに仕上がってました。
そしてホログラフィーの中で個人的オススメ曲「春待ち風」
ゆっちの王道的なストレートな曲で前回ライブでも歌ってたんですがそのときからCD化されるのを心待ちにしてた1曲でもあります。
その次は前回聞き逃した「Cluster」ゆっちの曲の中では好きな曲ベスト3には必ず入る1曲。
今回はギター弾かなかったですが。
恒例クラシックコーナーでは今回はチェロの斎藤静さんと一緒に。
「ハンガリー狂詩曲」
なんとなくジャズっぽさも感じさせるような跳ねるような曲調の曲でした。
後半はやはり「夏休みの宿題」と「ふわふわ♪」でしょうか。
どちらもゆっちの曲の中ではアップ目な曲でAXの雰囲気と合わさって楽しかったです。
「ふわふわ♪」では前のコンサートではワイパーだけになってしまった振り付けが戻っていてちょっと楽しかったですw
ラストは「その先へ」
舞台が一気に暗くなりステージ奥には星空。
演奏とゆっちの歌声だけが響く至福の時間でした。

アンコールはここまで結構歌い尽くしてるから何を歌うのかな?と思っていたのですが、1曲目は「Brand-new Sky」の別アレンジでした。
「Brand-new Sky」は最初の方に歌われているのですがそちらはアルバムに入ってる少し静かな歌い上げるようなアレンジで、アンコールで歌われたのは前回のライブでも聞いた演奏の激しい上げて上げてのアレンジの方でした。
どちらもよくて甲乙つけがたいいい曲です。
アンコール2曲目は「う・ふ・ふ・ふ」
これも自然と体が動く1曲ですね。
ラストは「未来の瞳を開くとき」
各所で歌われているのでアルバムの中でも特別な思いがあるんだろうなぁ、と。
ラストの皆での合唱は忘れられない思い出です。

最後に記念撮影をして終了。
開始が18時半で終わりが22時近くとか・・・w
なかなかに長丁場なライブだったんだなぁ、とw
今回歌もですがトークが結構長めだったのでそちらもかなり堪能できました。
ゆっちのトーク好きなんですよねぇ。

しかし、セトリがあると書くのが楽ですねーw
その代わり取り留めがなくなってしまうのが困りものですが。
どのライブもわりとそうですがこの曲のここがこうでああでというのを話しているとキリがなくて・・・w
こういう会話もライブDVDとか見ながら誰かとじっくり話したいですね、いつも飛ぶだけになっちゃうからなーwww(それはそれで楽しいですが)
まぁ、ゆっちのライブは絶対生で見た、というか聞いた方がいいですが。

追記
ゆっち今度はカウントダウンと1月1日のライブをやるらしいので誰か予定がない人は是非一緒にww
カウントダウン終わったあと1人というのが寂しいだけですがw
場所は横浜の赤レンガだそうで・・・
カップル多そうだなぁ・・・w
posted by eses at 01:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。